2017年6月アーカイブ

ヤマト運輸も運転手に週休3か制導入検討を始めていますが、これは、働き方改革の流れに沿うものです。実際に最近では、ネットで活用する人が多くなり、荷物の配送などが間に合わないという状態で、残業や人間不足などにより行わるものだと思います。

昨日テレビを見ていると佐川急便が週休3日制を試すというニュースがありました。そこでヤマト運輸も運転手を含む正社員を対象に週休3日制度を導入して、時間を長く働くことにより、休みが増えても給料面などに影響が及ぶことはないという事が言われていました。

実際に深刻な人材不足とされている物流業界の全体の流だと感じています。実際に佐川急便では、地域を限定して正社員のトラック運転手に週休3日制度を導入したという事を明らかにしました。正社員の多様な働き方を認めることにより、人材を確保して、将来的に起こってしまう労働力不足に備える狙いがあると言えるのです。

同社によると、週休3日制度で働く運転手の募集を行ったのは、東京都と山梨県の両営業所で業務内容は、法人を中心とした宅配便の集配や集金などにより、1日8時間の法定労働時間が適応されない変形労働時間制を活用して、1日あたりの1日平均労働時間を10時間にして、週休2日制と同様のシフト制で勤務に日は本人の希望を考慮するというものです。

週休3日制度の月給についても東京勤務の正社員で18万円~26万円として、週休2日制と同じですが、週休3日制度は残業も少ないので、実際に手取りについては、週休2日制よりも少なくなってしまいますが、ボーナスや昇給は成果に応じて決定して、休業には兼業を認めています。

東京と山梨で募集を始めたのは、他の地域よりも比較的、労働力供給が少ないエリアという事もあり、2017年の3月から試験的に採用をスタートしています。今後は、他の地域などでも適用を広げていくかどうか検討しています。

佐川急便には、現在、正社員と契約社員を合わせて合計で約3万人の運転手がいます。それでも、労働時間などについて、問題を抱えている時代となっているので、難しい問題となるとは思いますが、本当に大変な仕事だと感じます。

実際に、ヤマト運輸についても様々な事が言われていますが、配達と集金などを行っているとどうしても1件に対して時間がかかってしまう傾向にあり、残業をしてしまう傾向にあり、その中で、労働時間を大幅に過ぎてしまうという問題があります。

配達指定などもあり、その時間までに荷物を届ける必要もあり、長期の運転などをする場合もありますので、やっぱり大変な仕事だとも感じます。

週休3日制度にしても、やっぱり大変な仕事には変わりはありませんが、最近では、長距離運転手などの問題なども大きくニュースで取り上げられているので、本当に大変ですよね。

労働時間の問題もあり、残業はなるべくしないようにと感じる半面では、8時間労働で月給が少し安いと感じる気もしますし、やっぱり、ヤマト運輸では、試験などを受けていく必要もあるという事で、何より給料面が違ったりするというのを知り合いに聞きました。

本当に大変な仕事で、人材不足という問題なら、配送料金はあがっても、人件費を上げてあげる事を検討する事が何よりも大変ではないのでしょうか。個人的な意見なので、周りの人はどう考えているかわかりませんが、営業所などから近い場合には、問題ないと思いますが、何時間もかけて走ったりすることは、慎重に運転しながら行っていく必要があるので、大変だと思います。

新しい社員を募集して、皆が同じ対応になる場合には、問題ないと感じますが、今までの人は同じと言うような条件では周りからの反対意見もあると思いますが、人材不足という中では、他にも様々な対策をきちんと行っていく必要があると感じます。

このアーカイブについて

このページには、2017年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年3月です。

次のアーカイブは2017年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11