2017年9月アーカイブ

ストレプトマイシンって知っていますか。今の時代は抗生物質を使う事により、耐性菌の問題があるという事が広く知られています。その中で昔、結核の特効薬としてストレプトマイシンができて、結核は不治の病から治る病気となりました。

実際に、ストレプトマイシンが土壌菌から発見されたと言われています。昔って結核になると死亡すると言われていましたが、ストレプトマイシンが出来て治す事が出来る時代になっています。スゴイ薬だと思いますよね。

特効薬のない病気を不治させることが出来るという事は本当に発見者はスゴイと感じます。ストレプトマイシンを発見した人は、ワクスマンという土壌菌の研究者です。ストレプトマイシンを発見した学者で、1952年にノーベル生理学、医学賞を受賞しました。

放線菌との出会いについては、ワクスマンの後の大発見のもとになる放線菌との出会いです。放線菌とは、細胞が菌糸を形成して細長く増殖する特徴を持っていて、結核菌やライ菌、ビフィズス菌も放線菌です。当時分類されたものも新しく、酵母や乳酸菌のように食品に関係していなかったので、あまり当時は関心がもたれていなかったと言われています。

一般的に土壌菌は、土壌の深さによって生存数がかなり違ってくるそうですが、この放線菌に関しては、あまり深さの影響を受けることなく、度もでも見つけることが出来るしぶとい強さを持っていると言われています。そのことがワクスマンの印象に強く残ったそうです。

1932年、ワクスマンは、結核菌の研究、特に土壌内での生態を研究するようにということで、当時すでに、何らかの理由で結核菌が土壌中で死ぬことが分かっていたという事が背景に合ったのです。

彼は、結核菌が他の微生物に殺されるためであることをつきとめて、1939年から微生物から生成されて、他の微生物の阻害、あるいは殺す物質、抗生物質を探索する研究を始めたのです。彼は、馴染のある放線菌を選んで、これが効を奏してストレプトマイシンの発見につながったと言われています。放線菌の中の、スプレプトミセスという種類の菌が役にたったのです。

その後、新薬発見で、少女の命が救われたと言われています。今の時代は、病気に対しても何でも治す事が出来る時代になっていますが、昔はどんな病気でも深刻になっていましたし、死亡しても原因が分からなかったという時代でした。

その中で何よりも、死亡する事により、結核と言われていて、人に移るという事もあり、別室でのという問題もありましたが、今の時代は薬を使う事により治療する事が出来るようになっています。

HIVは昔は、死の病と言われていました。エイズについては、感染してしまう事により、死んでしまうと言われていた時代から今の医療ではきちんと治療する事がかの王となっています。

エイズは日本人が開発した世界初の薬が1987年に販売されて、治療の道を開くことが出来るようになりました。多様な薬の併用で現在では、命を落とすことなく感染者や死者が激減しています。しかし、完治というゴールへの道はまだ遠いと言われてい亜m巣。

日本人が開発したエイズは、体内に侵入した病原体を攻撃する免疫構成が破壊されて、肺炎やがんを発症するというもので、81年に米国で初めて患者が報告された4年後には日本でも見つかり、有効な治療法はないということで、世界中に感染が拡大して死者が増えてしまいました。

実際にエイズ治療薬を開発して、エイズウイルスが酵素を使って増殖する仕組みを阻害する働きがあり、この原理に基づきこれまでに数十種類の治療薬が生まれています。適切な治療を受ける事により、現在は死亡率がほとんどなく、感染者からパートナーへの2次感染についても93%防ぐ事ができると言われています。

※ふじメディカル性病検査キット買いました!HIV確定か!?検査の結果・・・

死亡率が減ったのは、タイプが違った複数の薬を同時に服用する事により、多剤併用療法が96年に始まった結果だと言われています。相乗効果で薬効が高まり、ウイルスが突然変異しても薬が効かなくなある耐性に対しても、どれかの薬が効くと期待さえているのです。

一つの薬だけを使うと特定の副作用が強く出てしまうのですが、多剤併用は個々の薬の副作用が軽減するため治療効率が大幅に向上したのです。人体に侵入したエイズウイルスは、免疫を坦うリンパ球などの細胞に付着します。自分の遺伝子であるRNAを細胞内に送り込んで、これを鋳型に逆転写酵素という物質を使ってDNAを作っていきます。

インテグラーゼという酵素を免疫細胞のDNAに取り込んで、自分の遺伝子とタンパク質を大量に合成させて、プロテアーゼという酵素でタンパク質を使いやすく切断して
、これを材料にウイルスを形成して増殖する仕組みとなっています。

実際に、エイズの人は、今の時代も治療方法があるにかかわらずかたみの狭い思いをしているという事は事実ですが、感染症という事により、治療が可能となっている今の時代でも、多くの方が恐れている病気だと言えるのです。

実際に感染症の場合には、誰でもかかりたくないと感じてしまい、今まで死に至ってしまう、一生治す事ができないという事が多くの方の頭の中にあるという事が何よりも大きな原因となっています。

治る病気でもエイズに関わらず病気は避けたいと考えるのが人間だと思います。健康的な生活を送っていくためには、病気のリスクを背負いたくないと感じますよね。これからも様々な薬が研究により出てくると思いますが、何よりも死亡を減少して、感染などについても抑えることが出来るという事は嬉しいことだと感じます。

このアーカイブについて

このページには、2017年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年6月です。

次のアーカイブは2017年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11