HIVの起源からHIV治療薬の発明、現在に至るまで

HIVは昔は、死の病と言われていました。エイズについては、感染してしまう事により、死んでしまうと言われていた時代から今の医療ではきちんと治療する事がかの王となっています。

エイズは日本人が開発した世界初の薬が1987年に販売されて、治療の道を開くことが出来るようになりました。多様な薬の併用で現在では、命を落とすことなく感染者や死者が激減しています。しかし、完治というゴールへの道はまだ遠いと言われてい亜m巣。

日本人が開発したエイズは、体内に侵入した病原体を攻撃する免疫構成が破壊されて、肺炎やがんを発症するというもので、81年に米国で初めて患者が報告された4年後には日本でも見つかり、有効な治療法はないということで、世界中に感染が拡大して死者が増えてしまいました。

実際にエイズ治療薬を開発して、エイズウイルスが酵素を使って増殖する仕組みを阻害する働きがあり、この原理に基づきこれまでに数十種類の治療薬が生まれています。適切な治療を受ける事により、現在は死亡率がほとんどなく、感染者からパートナーへの2次感染についても93%防ぐ事ができると言われています。

※ふじメディカル性病検査キット買いました!HIV確定か!?検査の結果・・・

死亡率が減ったのは、タイプが違った複数の薬を同時に服用する事により、多剤併用療法が96年に始まった結果だと言われています。相乗効果で薬効が高まり、ウイルスが突然変異しても薬が効かなくなある耐性に対しても、どれかの薬が効くと期待さえているのです。

一つの薬だけを使うと特定の副作用が強く出てしまうのですが、多剤併用は個々の薬の副作用が軽減するため治療効率が大幅に向上したのです。人体に侵入したエイズウイルスは、免疫を坦うリンパ球などの細胞に付着します。自分の遺伝子であるRNAを細胞内に送り込んで、これを鋳型に逆転写酵素という物質を使ってDNAを作っていきます。

インテグラーゼという酵素を免疫細胞のDNAに取り込んで、自分の遺伝子とタンパク質を大量に合成させて、プロテアーゼという酵素でタンパク質を使いやすく切断して
、これを材料にウイルスを形成して増殖する仕組みとなっています。

実際に、エイズの人は、今の時代も治療方法があるにかかわらずかたみの狭い思いをしているという事は事実ですが、感染症という事により、治療が可能となっている今の時代でも、多くの方が恐れている病気だと言えるのです。

実際に感染症の場合には、誰でもかかりたくないと感じてしまい、今まで死に至ってしまう、一生治す事ができないという事が多くの方の頭の中にあるという事が何よりも大きな原因となっています。

治る病気でもエイズに関わらず病気は避けたいと考えるのが人間だと思います。健康的な生活を送っていくためには、病気のリスクを背負いたくないと感じますよね。これからも様々な薬が研究により出てくると思いますが、何よりも死亡を減少して、感染などについても抑えることが出来るという事は嬉しいことだと感じます。

このブログ記事について

このページは、hadanonayamiが2017年9月12日 11:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヤマト運輸が導入を検討しようとしている週休3日制は何のためのものなのか!?」です。

次のブログ記事は「結核の治療薬、ストレプトマイシンが発明されるまで・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11