2017年11月アーカイブ

美肌"菌"で整える肌!オリゴロジック!!

オリゴロジックは肌が潤い、ツヤが出る化粧品では補う事が出来ない美肌菌です。新キレイ体験を初めてみませんか?年齢を重ねることにより肌の悩みは多くなってしまいます。その中で何よりも素敵な自分に自信のある肌を手に入れてみるようにしましょう。

美肌菌は乾燥してガサガサしている肌は、美肌菌が減少することにより、悪玉菌が増えてしまい肌がカサカサ、シミやしわが増えてしまうなどの肌トラブルが行ってしまいます。悪玉菌がたくさん住むようになってしまう事により、肌の悩みが多くなるのです。

美肌菌が肌にたくさん住んでいることにより肌が元々持っている保湿力を高めることが出来て、悪玉菌の増殖を防ぐ事ができます。今まで化粧品で補えなかったほどの潤いが蘇り、若い頃のウルウル肌を手に入れることが出来ます。オリゴロジックは高濃度オリゴ糖W配合の美肌菌美容液です。

実際に年齢を重ねることにより、肌の悩みは増えてしまいます。しわやシミが気になったり、毛穴の開きが気になる、くすみが気になると個人で悩みは違ってきますが、悩みは増えるばかりです。

肌の悩みはキメの乱れといわれていて、キメの乱れは乾燥が原因となっています。乾燥している肌は皮膚のミゾでできる形がバラバラで逆にキメが整っていると、光のはね返りが均等で肌は綺麗に見えます。透明感、赤ちゃんのような肌を目指したい、だから肌を乾燥させないように肌のキメを整える為に一生懸命に化粧品で保湿を行っています。

その中で、化粧品だけでは1日に必要とする保湿剤はまかなうことが出来ません。夜にケアをしても朝には乾燥しますし、朝にケアした場合でも夕方には乾燥してしまいます。化粧品だけでは1日に必要とする保湿剤はまかなうことが出来ません。

肌が元々持っているバリア機能が1日中しっかり働いて、自らうるおう自活肌になることにより、美肌菌で肌を整えることが出来て理想の肌を手に入れることが出来る近道となります。

更に今までのスキンケアは水分を与えるだけのもので、与えた時にしか潤いと保湿成分が行き渡らない状態で、界面活性剤などの油分を取り除く肌に負担のある成分も相まって、肌が本来生まれ持っている保湿機能まで奪ってしまうのです。

オリゴロジックは美肌菌ともいわれていますが、私たちの肌の表面には、約1兆個の皮膚常在菌が存在しています。菌と耳にするとよくないというイメージがありますが、菌の中でもなくてはならないものもあります。その中で常在菌には大きく分けると3つの菌があります。

善玉菌が活躍できる肌に導く事により、肌の状態を整えることが出来ますし、自宅で簡単に美肌菌生活を送る事が出来ます。オリゴ糖の力で美肌菌を活躍させることが出来ます。

オリゴ糖の中でも色々な種類があり、グリコオリゴ糖というオリゴ糖が一番強い味方になってくれる糖とい得ます。美肌菌の活躍を助けることが出来て、肌がもともと持っている保湿力を高めることにより、悪玉菌の過剰増殖を防ぐ事が出来ます。

肌に付けると肌を柔らかくして、保湿と共に肌によって良好な菌バランスを保ってキメを整えていく成分として有名となっています。美肌菌の活躍で肌がもともと持っている保湿力を高めることが出来て、潤いや柔らかさを取り戻す事が可能となっています。

実際に日常の生活の中で肌のケアを念入りに行っているという人も多いと思いますが、オリゴロジックは今のケアにプラスするだけで効果を期待する事が出来ますので、手軽に始めることが出来ます。何より肌の状態を保っていく為には、不足しているケアを取り入れる必要があります。

卵殻膜に熱視線!卵殻膜と美肌の関係

卵殻膜と美肌の関係ってご存知ですか?卵殻膜の秘密はⅢ型コラーゲンです。キレイといわれるための肌を目指す為にも効果を期待する事が出来るといわれています。卵殻膜とⅢ型コラーゲンは深いかかわりがあるといわれています。

卵殻膜は優れた自然素材です。若々しさと健康維持にはⅢ型コラーゲンが必須でそこで卵殻膜が注目を浴びています。赤ちゃんの肌がプルプルで柔らかいのは実は、肌にⅢ型コラーゲンがたっぷり含まれているからなのです。

Ⅲ型コラーゲンは年齢を重ねることにより減少してしまい、食材からは摂取する事が出来ず、コラーゲンサプリでも摂ることが出来ません、数あるコラーゲンの中でのⅢ型コラーゲンに注目してたどり着いた素材が卵殻膜なのです。

卵殻膜とは、卵の殻の内側にある薄い膜の事です。産み落とされた卵が親鳥から離れて栄養を与えられなくても、菌やウイルスから人を守り、栄養を与えて、命を育み誕生までを導く不思議な力を持っています。

美肌に嬉しい卵殻膜の力ですが、Ⅲ型コラーゲンです。若々しさと健康維持に必要なⅢ型コラーゲンで、食材やコラーゲンサプリから摂れません。透明感については、潤いをしっかり与えることが出来るので、クリアな透明感のある肌に導く事が出来ます。

ハリやツヤ、弾力については、気になる年齢肌にもみずみずしく内側から輝くようにハリと艶を与えてくれます。潤いについても肌に豊かな潤いを与えて、柔らかくプルプルとしたなめらかさを保つことが出来ます。

浸透についても人の肌のもっているアミノ酸で構成されているので、肌なじみがよくすばやく深く浸透します。キメを整えることが出来て、キュッと引き締めて、美しく健康的な肌へ整えてくれてキメが整うことにより若々しいツヤを取り戻す事が出来ます。

卵殻膜には、理想的な18種類のアミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸を自然に含んでいます。美容と健康を考えた時に、アミノ酸はとても重要となってきます。卵殻膜には、普通の食事はバランスよく摂る事が出来ないアミノ酸を18種類も自然由来で含有しています。更に、ヒトの肌に近いアミノ酸組成なのえ親和性が高く、化粧品として肌なじみが良いという事が最大の特徴になっています。

卵殻膜には、美肌に欠かす事が出来ないアミノ酸のシスチンが多く含まれていて、シスチンが多いとされる食品と比較してもその量は圧倒的です。シスチンは体の中でL-システインに変わり、シミやそばかす用として販売されている商品に配合されていることも有名となっています。天然美肌成分でシスチンを多く摂る事が出来るのも卵殻膜の特徴になっています。

実際に研究なども行われていますが、何よりも肌に良い効果をもたらしてくれるという事が言えます。また、天然素材なので、アレルギーや副作用などの心配ないという点でも優れているといえます。

卵殻膜の研究を行っている人も実際に出会えてよかったという声が多く、スキンケアからサプリメントまで欠かす事が出来ず、自分自身でその効果を強く時間していて、キレイになる喜びを感じています。何よりも良いといわれている物を使ってみようと考えている人も多いと思いますが、出会えてよかったと感じることが出来る商品は稀となっているので本当に効果を実感することが出来るんだなと感じています。

今の時代は、美容に良いという化粧品やサプリメントなども沢山販売される時代となっていますが、何よりも効果的に活用する事が出来るアイテムと出会う事により、本当に自分に自信を持つことが出来る自分へ変身する事ができると思います。

このアーカイブについて

このページには、2017年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11